消化器内科

消化器内科からのお知らせ

特にございません。

担当医当番表

スワイプで表示(Swipe available)

診療内容・診療時間
午前総合/消化器
9:00~

三上
大西

清水

秋本

清水

三上
渡邊

秋本
大和

午後消化器
13:30~
※大西
渡邊
※今村

大和

※予約のみ

スワイプで表示(Swipe available)

休診・代診のお知らせ

当科の概要

消化器内科の診療対象となるのは、食道、胃、十二指腸を含む小腸、大腸という食べ物の通る場所(消化管)および肝臓、胆道(胆嚢・胆管)、膵臓、脾臓などの腹部にある臓器の疾患です。これらの疾患について適切な診断をし、非手術的治療を担当するのが消化器内科です。したがって常に最新の専門的知識をもって診療に当たる必要があり、また技術的にも優れていることが要求される科です。

対象となる疾患・症状

疾患 症状
食道のポリープ・腫瘍

食べものがつかえる感じ

胃食道逆流症(GERD)
~逆流性食道炎

胸やけ、酸っぱい水がこみ上げてくる感じ、食べものがつかえる感じ、げっぷ

食道・胃静脈瘤

吐血、下血

胃・十二指腸潰

腹痛、吐き気、吐血、下血

胃・大腸のポリープ・腫瘍

食べものの通りが悪い、便秘

炎症性腸疾患
(潰瘍性大腸炎、クローン病)

下痢、下血

大腸憩室炎

腹痛、下血

肝機能障害
(ウイルス性肝炎、脂肪肝、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変など)

症状はなく血液検査で発見される

肝腫瘍

無症状のことが多く画像検査で発見される

胆石(胆嚢結石、総胆管結石)

腹痛、黄疸、発熱

胆嚢ポリープ・腫瘍

無症状のことが多く画像検査で発見される

胆管・膵腫瘍

黄疸、発熱

膵炎

腹痛、発熱

検査・治療法の特徴

食道、胃、十二指腸に関しては内視鏡検査(いわゆる胃カメラ)で診断します。最近は細い内視鏡が開発されてきており以前から比べるとかなり楽になりました。それでも苦痛が強い人には鼻から挿入する内視鏡もあります。ただ鼻の穴が小さい人には施行できず、さらに処置が必要な場合には、ある程度以上の内視鏡の太さが必要なので口からでなければならないことがありますので担当医と相談してください。大腸も肛門からの内視鏡検査で診断します。これまで小腸は検査ができず、疾患があっても見逃されてきましたが、当院ではカプセル内視鏡を導入しました。原因不明の消化管出血の診断などに有用です。

肝臓疾患は、血液検査で機能を調べることと超音波などの画像検査で形態を調べることが重要で、この2つを組み合わせることにより正確な診断が可能となります。胆嚢、胆管、膵臓疾患の診断の入り口も超音波検査になります。超音波検査は妊婦も受けるように放射線をあびることもなく、苦痛もないきわめて安全な検査で肝・胆・膵領域などの診断に有用ですが、器械の性能や術者の実力により診断能力に差が出ます。当院は日本超音波医学会の認定研修施設となっており、術者のレベルを保つように日頃から修練しております。超音波にて疾患が疑われた場合は、CTやMRIによりさらに情報を集めて診断します。胆・膵疾患で必要と判断された場合は特殊な内視鏡を使って胆管や膵管を造影する内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)を施行することになります。

エコー検査風景

エコー検査風景

内視鏡検査風景

内視鏡検査風景

診療実績

当院は、日本消化器病学会の認定施設(千葉県には28施設)、日本超音波医学会の専門医研修施設(千葉県には18施設)、日本肝臓学会の認定施設(千葉県には10施設)となっており、常日頃より知識、技術の向上に努めております。消化管疾患の診療においては内視鏡検査がその入口となりますが、当院は日本消化器内視鏡学会指導医の監督のもとに経験豊富なスタッフが担当しており、診断および消化管出血(吐血や下血)の処置、ポリープ切除などの治療を行っております。また介助する看護師も専門知識を有する消化器内視鏡技師の資格を持っており、安全な検査および治療が受けられるよう常に研鑽を積んでおります。胃・十二指腸潰瘍は有効な薬が開発され高率に治癒するようになりましたが、再発率が高いことが問題でした。しかし、これにはヘリコバクター・ピロリという菌の感染が関与することがわかり、除菌すると潰瘍の再発率が著明に低下します。感染の有無や除菌後の効果判定の診断法にはいくつかありますが、尿素呼気試験という内視鏡を使わずに吐く息の成分を検査する方法がよく用いられます。多くの医療機関では、吐いた息をバックに詰めて検査センターへ送るため結果が出るまで時間がかかりますが、当院では分析器を導入しており、その場ですぐに結果がわかります。

肝臓疾患では、特にウイルス性肝炎(B型・C型)の治療実績が豊富で、C型肝炎のインターフェロン療法においては千葉県でトップクラスの症例数を誇っており、週1回の注射で済むようになったペグインターフェロンが発売された2003年12月以降に1都3県(東京・千葉・埼玉・茨城)にわたる約250人のC型肝炎患者に対して治療を行っております。また、当院のスタッフは胆・膵疾患の診断や治療を得意としており、ERCPおよび、この手技を利用して腫瘍などで狭くなった胆管にステントという拡張する金属を留置する処置や、総胆管結石を除去する治療などを行っております。胆汁は肝臓でつくられ、胆管内を流れて十二指腸へ流出しますが、この流れが結石や腫瘍により閉塞されることによって黄疸が出現する状況を閉塞性黄疸といいます。ERCPにて、閉塞している所にチューブを挿入して胆汁を外に出す(この場合は鼻からチューブが出ることになります)処置をすることもありますが、症例の状況によってはERCPではなく、超音波で見ながら肝臓内の胆管に針を刺してチューブを挿入する経皮経肝胆道ドレナージ(PTBD)によって胆汁を外に出す治療をすることもあります。この処置も得意としている手技のひとつです。さらに肝臓の腫瘍に対する経皮的エタノール注入療法やラジオ波焼灼療法および血管造影による治療(肝動脈塞栓術など)も頻回に行っております。施設によっては検査・治療内容ごとに内科、放射線科、内視鏡科などが各々担当する分業が進んでおりますが、当院では各症例の病状を最もよく把握している主治医が中心となって消化器内科のスタッフが一体となり診療を行っております。

このような特殊治療の手技は近隣の医療機関からも評価していただいており、野田市内のみならず、大学病院も含め市川、柏、松戸などの総合病院からも紹介患者が転院してきます。国立がん研究センター東病院からも、がんに合併した良性疾患(B型・C型肝炎の治療、食道・胃静脈瘤の治療、総胆管結石の治療、胆管ステントの留置など)の治療目的に紹介されてきます。

医師紹介

院長
三上 繁(みかみ しげる)

専門分野

消化器内科、肝胆膵内科

千葉大学1986年卒業、医学博士、東京理科大学薬学部客員教授

 

資格:

日本胆道学会評議員、日本肝臓学会東部会評議員、日本消化器病学会関東支部会評議員、日本消化器病学会指導医・専門医、日本肝臓学会指導医・専門医、日本超音波医学会指導医・専門医、日本消化器内視鏡学会指導医・専門医、日本人間ドック学会指導医・専門医・認定医、日本消化管学会胃腸科認定医、日本内科学会認定医、日本感染症学会ICD(感染制御医師)、日本医師会認定産業医、日本医師会認定健康スポーツ医、全日本病院協会保健指導士

所属学会:

日本内科学会、日本消化器病学会、日本肝臓学会、日本消化器内視鏡学会、日本超音波医学会、日本膵臓学会、日本胆道学会、日本消化管学会、日本感染症学会、日本人間ドック学会、日本肥満学会、日本糖尿病学会、日本門脈圧亢進症学会

内科部長
秋本 政秀(あきもと まさひで)

専門分野

消化器内科、肝胆膵内科

千葉大学1990年卒業、医学博士

 

資格:

日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医

所属学会:

日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本胆道学会、日本超音波医学会

消化器内科部長
清水 史郎(しみず しろう)

専門分野

消化器内科

富山医科薬科大学1995年卒業、医学博士

 

資格:

日本感染症学会ICD(感染制御医師)、日本医師会認定産業医、日本臨床検査医学会臨床検査管理医

所属学会:

日本内科学会、日本消化器学会、日本肝臓学会、日本超音波医学会、日本臨床検査医学会

内科医師
渡邊 悠人(わたなべ ゆうと)

内科医師
大和 睦実(やまと むつみ)

専門分野

消化器内科

千葉大学2010年卒業

資格:

日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医

所属学会:

日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本膵臓学会、日本胆道学会

お電話でのお問い合わせ

04-7123-5911

  • お急ぎのご質問は、お電話でお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

受診予約

04-7123-5901

  • 月~土曜日 9:00~16:00
    祝日および休診日は除きます
  • 当日のご予約は小児科のみ可。