病院概要・沿革

病院概要

キッコーマン総合病院は、野田醤油醸造組合(キッコーマン株式会社の起源)の直営病院として1914年(大正3年)に設立されました。食品メーカーを経営母体とする企業立病院としては全国唯一の病院ですが、広く一般に開放された病院として、設立以来、急性期診療を中心に地域の健康増進に注力してきました。

診療圏である東葛エリアは、キッコーマンの発祥の地であり、まさに行政機関や地域住民のみなさまと一体となって地域医療の充実に努めてきました。

当院はさまざまな大学と緊密な協力体制を築いており、各診療科には専門性に特化した精鋭医師が集まっています。当院は食品メーカーの企業立病院として、食事と深い関連のある「消化器疾患」や「生活習慣病」、また整形外科やリハビリテーション科による「理学療法」や「作業療法」といった運動機能など地域の症例・医療ニーズとも深く符合する医療領域について高度専門病院化(センター化)を進めていく予定です。健診体制もより充実させるなど、疾患の予防段階から積極的にアプローチを行っていきます。

基本情報

所在地 〒278-0005 千葉県野田市宮崎100
代表番号:04-7123-5911 FAX:04-7123-5920
予約専用番号:04-7123-5901
病床数 合計129床
内訳)
2階病棟36床(産科・婦人科・小児科が主体)
3階西病棟46床(内科が主体)
3階東病棟47床(外科・整形外科・眼科が主体)
診療科 内科・消化器内科・循環器内科・小児科・外科・整形外科・リハビリテーション科・眼科・耳鼻咽喉科・皮膚科・泌尿器科・脳神経外科・産婦人科・麻酔科
健診他 健診(健康診断・特定健診保健指導・日帰り人間ドック・一泊人間ドック・産業医)、リハビリテーション(理学療法・作業療法)、栄養食事相談
看護基準 7:1看護基準(看護師比率100%)
その他 救急告示病院
病院外処方箋実施100%
選択メニュー食・保温配膳・陶磁器食器使用
施設基準届出内容
基本診療料
  • 一般病棟入院基本料(7:1看護)
  • 救急医療管理加算
  • 妊産婦救急搬送入院加算
  • 診療録管理体制加算1
  • 医師事務作業補助者体制加算1 20対1
  • 急性期看護補助体制加算 25対1(看護補助者5割未満)
  • 看護職員夜間配置加算 16対1
  • 療養環境加算
  • 重症者等療養環境特別加算
  • 医療安全対策加算1
  • 感染防止対策加算1(地域連携加算)
  • 患者サポート体制充実加算
  • ハイリスク妊娠管理加算
  • ハイリスク分娩管理加算
  • 退院支援加算1
  • 病棟薬剤業務実施加算
  • データ提出加算2ロ
  • 認知症ケア加算2
  • 臨床研修病院入院診療加算(協力型)
  • 小児入院医療管理料5
特掲診療料
  • 院内トリアージ実施料
  • 夜間休日救急搬送医学管理料
  • 外来リハビリテーション診療料
  • ニコチン依存症管理料
  • がん治療連携指導料
  • 肝炎インターフェロン治療計画料
  • 薬剤管理指導料
  • 地域連携診療計画加算
  • 医療機器安全管理料1
  • HPV核酸検出及びHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)
  • 検体検査管理加算(I)(II)
  • 時間内歩行試験及びシャトルウォーキングテスト
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 大腸CT撮影加算
  • 外来化学療法加算1
  • 無菌製剤処理料
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(I)
  • 心大血管等リハビリテーション料(I)
  • 呼吸器リハビリテーション料(I)
  • 運動器リハビリテーション料(I)
  • 廃用症候群リハビリテーションI
  • 経皮的冠動脈形成術
  • 経皮的冠動脈ステント留置術
  • ペースメーカ移植術及びペースメーカ交換術
  • 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
  • 胃瘻造設術(内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
  • 胃瘻造設時嚥下機能評価加算
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6(歯科点数表第2章第9部の通則4を含む)に掲げる手術
  • 輸血管理料(II)
  • 人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
  • 麻酔管理料(I)
入院時食事療養費
  • 入院時食事療養費(I)

病院指標

病院指標とはDPCデータから全国統一の定義と形式に基づいた指標を、当院の診療実績について作成したものです。これにより、市民の皆さんへの情報公開を進めています。

※DPCでは、入院料やレントゲン、投薬、注射、検査料等が包括され、病気・病態をもとに診療行為を組み合わせた分類ごとに1日あたりの定額点数(包括点数)が国で定められています。

詳しくはキッコーマン総合病院 病院指標をご参照ください

沿革

1914年(大正3年)1月設立当初の野田病院 1966年(昭和41年)キッコーマン付属病院

下総の国「野田」(現在の千葉県野田市)でしょうゆ醸造が始まったのは17世紀。野田のしょうゆは、重要な産業として江戸の繁栄とともに発達してきました。

文久2年(1862年)、しょうゆ醸造家の一家が、蔵で働く蔵人達や家族のために養生所を設けたのが当院の起源と言われています。その後明治に入り、しょうゆ醸造家達は野田醤油醸造組合を設立し、また大正天皇の即位記念事業として病院を建設することを決定しました。1914年(大正3年)1月10日、野田町上花輪に組合立の「野田病院」を開院したのが、現在の病院の始まりです。

1917年に野田醤油醸造組合がキッコーマンの前身となる野田醤油株式会社として発足するのに伴い、1918年に「野田病院」は当社の企業立病院となり、「キッコーマン附属病院」への改称を経て、1973年(昭和48年)2月より、「キッコーマン総合病院」となりました。

現在の野田市宮崎の地に病院が建設されたのは、1966年(昭和41年)2月。当社の創立50周年記念事業の一環として建設され、2012年8月までの46年間、その時に建設された病院において診療の歴史を刻みました。

新病院は2011年(平成23年)3月に着工、2012年(平成24年)6月に竣工、同年8月より新病院にて診療を開始いたしました。

創立以来、当院はキッコーマングループ社員だけでなく、地域のみなさまの病院として地域に根付いた医療をしております。

今後、患者さんや地域へのサービス機能をより充実させていくために、さらには医療を通じた社会貢献、地域貢献をいっそう進めて参ります。

新病院についてのお知らせはこちら(625KB)

主な協力機関・関連機関

慈恵医科大学柏病院、松戸市立病院、埼玉小児医療センター
国立がんセンター東病院、春日部市立病院、筑波大学病院、新東京病院

お問い合わせ電話
04-7123-5911
メールでのお問い合わせ
受診予約電話
04-7123-5901
[受付]月~土曜日 9:00~16:00(祝日および病院休診日は除きます)
※当日のご予約は小児科のみ可。

©アーティスト:長谷川仁

このページの先頭へ