ごあいさつ

院長ごあいさつ

当院は、しょうゆを中心とした総合食品メーカー、キッコーマン株式会社の直営病院です。企業立ではありますが、社員はもとより広く一般に開放された病院です。

「患者さん本位」を基本理念とすること、「食と健康」を医療を通じて実現すること、そして地域社会や地域医療にとって存在意義のある病院を目指すことを経営理念に掲げ、「こころをこめた医療サービスで地域のみなさまを幸せと笑顔で満たします」を“キッコーマン総合病院の約束”としております.

病院の歴史は古く、文久2年(1862年)の養生所設立および大正3年(1914年)大正天皇即位記念事業としての病院開設以来「挑戦と変革」を掲げて、急性期診療を中心とした総合病院として永年にわたり“キッコーマン”をご支援くださっている地域社会のみなさまのご要望にお応えできるよう、企業の社会貢献の一環として疾病の治療と予防にお役に立ちたいと考えております。

医療を取り巻く状況は厳しさを増しておりますが、21世紀の高齢社会に向かって、大きな夢と燃える情熱、ゆるぎない信念を持って、医療レベルの質的向上、患者さんへのサービス改善、安全管理体制の強化に全職員一丸となって努力しております。
今後とも、なお一層のご指導、ご鞭撻(べんたつ)をお願い申し上げます。

  • 久保田芳郎(くぼた・よしろう)

    1974年東京大学卒業、医学博士、東京理科大学薬学部客員教授
    東京大学医学部附属病院、都立墨東病院、都立駒込病院、Cleveland Clinic Foundation, U.S.A.、文部教官を経て1993年キッコーマン総合病院入職

    資格:
    日本大腸肛門病学会評議員・指導医・専門医、日本消化器病学会関東支部会評議員、日本人間ドック学会評議員・指導医・認定医、日本外科学会認定医、日本消化器外科学会指導医・専門医、日本消化器病学会指導医・専門医、日本医師会認定健康スポーツ医、日本医師会認定産業医

看護部長ごあいさつ

当院は2014年に創立100年を迎えました。古くから地域に根差した医療・看護を提供し、『患者さん本位』を基本理念としてまいりました。看護体制は7:1看護体制(入院患者さん7人に対し、常時看護職員が1名勤務している)を維持し、更に2014年7月より急性期看護補助体制75:1を取得し、より手厚い看護ケアの提供に力を注いでおります。私たちは患者さんそれぞれの“その人らしさ”を大切にしつつ、ナイチンゲール看護原理を基礎とし、患者さんの回復を促せるよう十分なコミュニケーションを図り情報収集や観察を行い、アセスメントしたうえで看護実践に繋げております。

教育においては、『共に育つ環境』を軸とした教育体制を整え、6段階のレベル別目標に合わせた院内外教育を実施しております。院内には老人看護専門看護師1名、感染管理認定看護師1名、皮膚排泄ケア認定看護師1名、糖尿病療養指導士6名(うち看護師4名)、内視鏡技師3名など有資格者が複数おり、キャリアアップを目指し自己研鑽に励む看護職員が多数おります。またキッコーマン株式会社の社員として、通信教育の受講やキャリア研修などに積極的に取り組んでおります。
看護部に所属する全スタッフが、患者さんや地域住民にとっての“よりよい”を考えながら質の良い看護の提供に努めております。

  • 長坂奎英(ながさか・たかえ)

    1991年越谷市立看護専門学校卒業
    1997年専修大学法学部法律学科卒業
    2006年日本大学大学院グローバルビジネス研究科 ヘルス&ソーシャル・ケア・コース修了
    2012年千葉大学大学院看護学研究科博士前期課程(老人看護学教育研究分野)修了

    東京慈恵会医科大学附属柏病院、国家公務員等共済組合連合会九段坂病院、真療会野田病院を経て1998年にキッコーマン総合病院入職。

    資格:
    老人看護専門看護師、MBA(経営学修士)、日本運動器看護学会査読委員・認定審査委員、千葉県認知症看護専門職研修評価委員会メンバー、日本看護管理学会会員、日本専門看護師協議会会員、日本老年看護学会会員、日本高齢者虐待防止学会会員
お問い合わせ電話
04-7123-5911
メールでのお問い合わせ
受診予約電話
04-7123-5901
[受付]月~土曜日 9:00~16:00(祝日および病院休診日は除きます)
※当日のご予約は小児科のみ可。

©アーティスト:長谷川仁

このページの先頭へ