ごあいさつ

院長ごあいさつ

キッコーマン総合病院は、しょうゆを中心とした総合食品メーカー、キッコーマン株式会社の直営病院です。企業立ではありますが、野田市及び近隣地域の皆様に広く開放された病院です。

病院の歴史は古く、文久2年(1862年)の養生所設立および大正3年(1914年)大正天皇即位記念事業としての病院開設以来、企業の社会貢献の一環として、急性期診療を中心とした総合病院として地域社会のみなさまのご要望にお応えできるよう日々努力してまいりました。また、2012年8月に開院した現在の病院は、免震構造で万一の災害発生時にも対応できるよう、さまざまな設備や機能を備えております。

わが国では著しい高齢化によりそれぞれの地域における医療需要は急速に変化することが見込まれており、野田市を含めた東葛北部でも今後は超高齢社会に対応する必要があります。そのため当院は、従来型の「治す医療」だけではなく、治した後も継続して地域の患者さんとその暮らしを支える「生活支援型医療」の提供へとシフトしており、地域包括ケア病棟や在宅医療部を立ち上げました。患者さんおよびご家族が安心して在宅に戻ることを選択できるようにサポートしてまいります。医療を通じて皆様の健康と福祉に貢献することを最大の慶びとして、日々努力を重ねてまいりますので、今後とも引き続きご協力、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

三上 繁

三上 繁(みかみ しげる)

千葉大学1986年卒業、医学博士、東京理科大学薬学部客員教授

資格:

日本胆道学会評議員、日本肝臓学会東部会評議員、日本消化器病学会関東支部会評議員、日本消化器病学会指導医・専門医、日本肝臓学会指導医・専門医、日本超音波医学会指導医・専門医、日本消化器内視鏡学会指導医・専門医、日本人間ドック学会指導医・専門医・認定医、日本消化管学会胃腸科認定医、日本内科学会認定医、日本感染症学会ICD(感染制御医師)、日本医師会認定産業医、日本医師会認定健康スポーツ医、全日本病院協会保健指導士

看護部長ごあいさつ

当院は2014年に創立100年を迎えました。古くから地域に根差した医療・看護を提供し、『患者さん本位』を基本理念としてまいりました。看護体制は急性期一般入院基本料1と地域包括ケア病棟入院料2の基準を満たす看護師配置を維持し、2017年8月より急性期看護補助体制25:1(看護補助者50%以上)を取得し、より手厚い看護ケアの提供に力を注いでおります。私たちは患者さんそれぞれの“その人らしさ”を大切にしつつ、ナイチンゲール看護原理を基礎とし、患者さんの回復を促せるよう環境調整に力を入れ、十分なコミュニケーションを図り情報収集や観察を行い、アセスメントしたうえで看護実践に繋げております。

教育においては、『共に育つ環境』を軸とした教育体制を整え、日本看護協会が示している『看護師のクリニカルラダー』に準拠した目標設定に合わせた院内外教育を実施しております。院内には老人看護専門看護師1名、感染管理認定看護師1名、皮膚排泄ケア認定看護師1名、糖尿病療養指導士6名(うち看護師4名)、内視鏡技師5名など有資格者が複数おり、キャリアアップを目指し自己研鑽に励む看護職員が多数おります。またキッコーマン株式会社の社員として、通信教育の受講やキャリア研修などに積極的に取り組んでおります。
看護部に所属する全スタッフが、患者さんや地域住民にとっての“よりよい”を考えながら質の良い看護の提供に努めております。

長坂奎英

長坂奎英(ながさか・たかえ)

1991年越谷市立看護専門学校卒業
1997年専修大学法学部法律学科卒業
2006年日本大学大学院グローバルビジネス研究科 ヘルス&ソーシャル・ケア・コース修了
2012年千葉大学大学院看護学研究科博士前期課程(老人看護学教育研究分野)修了

東京慈恵会医科大学附属柏病院、国家公務員等共済組合連合会九段坂病院、真療会野田病院を経て1998年にキッコーマン総合病院入職。

資格:

老人看護専門看護師、MBA(経営学修士)、日本運動器看護学会査読委員・認定審査委員、千葉県認知症看護専門職研修評価委員会メンバー、日本看護管理学会会員、日本専門看護師協議会会員、日本老年看護学会会員、日本高齢者虐待防止学会会員、日本緩和医療学会会員

お電話でのお問い合わせ

04-7123-5911

  • お急ぎのご質問は、お電話でお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

受診予約

04-7123-5901

  • 月~土曜日 9:00~16:00
    祝日および休診日は除きます
  • 当日のご予約は小児科のみ可。