診療情報

心房細動について

2013年04月18日

 心房細動という病気を知っていますか。心房細動は不整脈の一種で、脈が早く、バラバラになる心臓病です。多くは動悸や息切れなどの症状を伴いますが、無症状のこともあります。起き始めのうちは、長くても1週間以内に自然停止しますが(発作性心房細動)、発作を繰り返すうちに自然停止が困難となり(持続性心房細動)、何年か経つうちに慢性化します(慢性心房細動)。
 心房細動は年齢とともに罹患率が上昇します。40歳では0.5%以下ですが、60歳で2%、80歳で8%の人に認められるようになります。今後高齢化社会とともに心房細動患者は増加し、2020年には日本の人口の0.8%、2040年には1%に達すると予測されています。

お電話でのお問い合わせ

04-7123-5911

  • お急ぎのご質問は、お電話でお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

受診予約

04-7123-5901

  • 月~土曜日 9:00~16:00
    祝日および休診日は除きます
  • 当日のご予約は小児科のみ可。