整形外科 人工股関節

当院における人工股関節全置換術

背景

日本人女性に多い発育性股関節形成不全や、未だにその原因が明らかでない大腿骨頭壊死症、また外傷などによる変形が原因で、股関節の痛みが生じることがあります。これは変形性股関節症と言われ、その初期には運動や内服などの保存加療が行われます。しかし、数年以内に手術に至ることも多い疾患です。疼痛や可動域制限は、患者さんの日常生活を制限することになり、さらに治療が遅れると腰椎や膝関節などにも障害をきたすことになります。壮年期では、仕事や生活向上のために人工関節の手術を受ける方が増えています。高齢者についても、平均寿命の上昇に伴い、より元気に生きるという健康寿命の面で、手術が重要になります。
しかし日本では寛骨臼形成不全症に伴う変形が強い患者さんが多く、高度な手術手技が必要になることがあります。

当院での手術特徴

[高度医療技術]

当院では人工股関節全置換術を受ける患者さんが多く、手術は主に股関節専門の常勤医1名、筑波大学医師2名(図1)が担当し、より高いレベルの治療を行っています。術前に撮影されたCT画像から、専用ソフトを用いて、術前計画を三次元的に行っています(図2)。高度変形例や再置換術など難易度が高い手術でも、当院では良好な術後経過を得ています。

図1: 左から菅谷(筑波大学)、三島(筑波大学)、和田(当院) 図2: 術前プランニング例 左;正面像 右;左側面像

[早期回復]

手術方法は、従来の方法よりも早期術後回復を目的として、低侵襲アプローチで行っております。また、患者さん個々によりますが、仰臥位での前外側アプローチ、筋肉を切らない筋非切離方法で行っています。これらは単に皮膚切開を小さくするのではなく、筋肉などの軟部組織への侵襲を最低限で行う方法です。そのため術後早期の回復がより良好です。また、股関節が外れてしまう脱臼が、従来法よりも起こりにくいです。仰臥位で手術するため、麻酔合併症も少なく済みます。

図3: コンピューターナビゲーションシステム 図4: ナビゲーションデモ画像。赤外線CCDカメラ(a)を用いることで、模擬骨盤骨(b)に取り付けられたボール(c)と、手術器具に取り付けられたボール(d)を認識し、リアルタイムに人工関節の位置をモニター上に指し示すことが可能。 図5:術中のナビゲーションモニター画像。臼蓋に設置する人工関節(カップ)の角度と深さ、関節中心の位置が表示されている。

[長期安定性]

早期に仕事やスポーツに復帰することも大切ですが、その後何十年も、手術した人工関節が良好に機能することも重要です。そのためには正確な人工関節の設置が必要となります。当院では、コンピューターナビゲーションシステムを導入し、より正確な手術手技を可能としています(図3)。一般的には術前計画に沿った正確な設置が困難な場合もあり、早期に人工関節が緩んだり、脱臼したり、再手術となることがあります。このナビゲーションは、術前計画に沿った位置決定を補助するものであり、手術に必ずしも要るものではありませんが、当院では患者さんの個々の状況により使用しています。
例えば、カーナビは人工衛星からの電波を利用して、車の位置を知らせてくれます。これと仕組みが似ておりますが、ナビゲーション手術では、赤外線を用いて人工関節の位置を認識しています。人工関節などがつけられた手術器具には、赤外線を反射するボールが取り付けられます(図4)。システムから発せられた赤外線はこのボールに反射し、反射した赤外線をシステムが計測します。つまり、股関節に対してどのように人工関節が位置しているかが瞬時にモニター上に示され、術中にリアルタイムにその位置情報を知ることができます(図5)。ナビゲーションは手術支援でありますが、より正確な位置情報を知ることで、人為的なエラーをより少なくすることが可能と考えます。

術後

手術翌日よりリハビリを行いますが、充実したリハビリスタッフと施設があり、術後も患者さんに御満足いただけるリハビリを行っています。1-2週間で日常生活を送ることができる段階になり、退院される方もいらっしゃいます。しかし、創部の感染のおそれがあることや、退院後もリハビリを継続できるように学習するには、2週間以内では短いと考えています。入院していることで毎日集中的にリハビリを行うことが可能であり、ゆっくりと3-4週間の入院をおすすめしています。筋力や関節の硬さなど患者さん個人により状況は異なることもあり、マイペースで頑張っていただきたいと思います。術前には痛みのためできなかったテニスやゴルフなどのスポーツも、1-3か月で可能になります。

最後に

手術が無事終わり、今までの健康な状況になると、通院も必要なく、何も心配ないと考えている方もあるかと思います。しかし一度股関節が傷んで、そこへ人工物で置き換えているので、長期のフォローアップが必要ですし、腰や膝など、他疾患への影響がでることも少なからずあります。術後の外来通院は、落ち着けば年に1-2回で十分ですが、何かお困りごとがあればいつでも股関節外来等受診してください。私は術後こそ責任を持って真摯に診療にあたることが大切と考えています。

筑波大学整形外科股関節グループのホームページ
つくば股関節.com

(文責 整形外科 和田大志)

お問い合わせ電話
04-7123-5911
メールでのお問い合わせ
受診予約電話
04-7123-5901
[受付]月~土曜日 9:00~16:00(祝日および病院休診日は除きます)
※当日のご予約は小児科のみ可。

©アーティスト:長谷川仁

このページの先頭へ