放射線科

概要

人々の共通の願いは健康で豊かな長寿を全うすることです。当院では、地域住民のみなさまに対して、病気のために通う病院から、健康やより良い生活のために通う病院を目指しています。そのために画像診断の精度向上に努め、人々の健康行動の一助となることを目指していきたいと考えています。
放射線科は一般撮影、骨塩定量測定装置、マンモグラフィ撮影装置、X線マルチスライスCT、MRI装置、X線TV2台、腹部アンギオDSA装置等があり、常に全員が各装置全ての検査を行えるよう、各科の臨床診断を画像診断の立場からサポートし、より確実な確定診断に結びつくよう体制を整えています。
また、近隣の開業の先生方などからの検査依頼についても積極的に受け入れておりますので、是非、ご利用ください。

設備のご紹介

一般撮影検査

CRシステム

胸部、腹部、全身の骨・関節の撮影を行っています。当院では、最新のFPD(フラットパネルディテクタ)システムにより、軟部から骨部まで幅の広い安定した鮮明な画像が得られます。また、撮影寝台は昇降式の寝台装置になっており、お体の不自由な方やお子さま、ご高齢の患者さんにも負担なく、安全に乗り降りできるようになっています。

骨塩定量測定装置 骨密度表

骨塩定量測定検査

骨塩量とは、骨に含まれるカルシウム量のことです。年齢とともに減少していくもので、すなわちそれだけ骨は弱くなっていきます。
骨塩量を測定することは、骨粗しょう症の診断の一つとしています。特に女性は閉経後、骨粗しょう症が進みやすくなるので定期的に測定し、ご自分の骨の状態を把握しておくことも大切です。
検査は、腕に微量のエックス線を放射し、骨塩量を測定して、骨の状態を判断します。特に痛みもありませんし、座ったまま約1分程度で終わります。

マンモグラフィ撮影装置

マンモグラフィ撮影検査

早期乳がんのサインである、微小石灰化を発見できる装置です。しこりとして触れない早期乳がんをはじめ、触診や超音波では発見しづらい乳房にできる病気を見つけることが可能です。当院では、従来のフィルム撮影装置から直接変換型のFPD(フラットパネルディテクタ)搭載のデジタル撮影装置に代わり、より鮮明なマンモグラフィ画像を提供しています。さらに、短時間で検査ができ、装置の特性により被ばくが低減されています。みなさまに安心して受診していただけるよう、医師、放射線技師、マンモグラフィ装置の全てにおいて特定非営利活動法人マンモグラフィ健診制度管理中央委員会より評価され認定された施設です。

  常勤 非常勤
マンモグラフィ読影医師 1名 2名
マンモグラフィ認定技師 2名  
X線64列マルチスライスCT装置

X線マルチスライスCT検査

非常に高速、かつ短時間で検査を行うことができ、従来では困難であった心臓の冠動脈造影検査や、立体的な三次元画像などの精密検査が可能です。撮影時には高画質を保ちつつ、約80%のX線量の低減を可能とし、患者さんに優しい検査を行うよう心がけています。また、乳幼児や意識低下などの撮影困難な患者さんでも診断性能の高い画像を得ることができます。

MRI装置

MRI検査

放射線を使わず、磁気と電波を使い体内の状態を断面像として描出する検査です。被ばくの心配が無く、体内の様子をさまざまな角度で撮影することができます。当院のMRI装置は、世界初のフルデジタルコイルを搭載し、検査全体の画質の向上(従来の40%)と撮影時間の短縮(従来の30%)を実現しました。従来撮影が難しかった全身の拡散強調画像(Diffusion)が撮影可能となり、悪性腫瘍の診断や、超急性期の脳梗塞の診断能が向上しました。また、造影剤を使用せずに、鮮明に血管を描出することが可能となりました。検査空間も従来のMRI装置よりも広くなり、より開放感のある検査環境となっているため、閉所恐怖症の患者さんや体格の大きな患者さんもより快適に検査を受けられます。

X線TV装置(フラットパネル)

X線TV検査(フラットパネル)

X線TV装置とは、体を透過したX線をTVモニターで、リアルタイムに動画として見ることができます。
当院では、食道、胃、小腸、大腸などの消化管造影検査、内視鏡併用の胆道系の造影検査および治療を行っております。また、脊髄造影、骨折の整復なども行っております。
また、撮影寝台は昇降式の寝台装置のため、お体の不自由な方やお子さま、ご高齢の患者さんにもご負担なく安全に乗り降りできるようになっています。

アンギオDSA装置

アンギオDSA検査

アンギオ検査とは、カテーテル(細い管)を主に太もものつけ根(そけい部)の動脈から肝臓や腎臓まで挿入し、造影剤を使用して血流や腫瘍の分布を見たり、血管の狭窄や閉塞を知るための検査です。最近ではインターベンショナル・ラジオロジー(IVR)と呼ばれる血管内治療も多く行われています。
主に肝臓の腫瘍に対する検査、治療が行われます。肝臓腫瘍の治療を目的としたTAE(経カテーテル動脈塞栓術)、TAI(肝動脈内抗がん剤注入療法)と呼ばれる治療を実施します。
血流が豊富であるという原発性肝がんの特徴を利用して、がんに栄養や酸素を送っている動脈に抗がん剤と血管をつめる物質を注入して、がんを兵糧攻めにする治療法です。

お問い合わせ電話
04-7123-5911
メールでのお問い合わせ
受診予約電話
04-7123-5901
[受付]月~土曜日 9:00~16:00(祝日および病院休診日は除きます)
※当日のご予約は小児科のみ可。

©アーティスト:長谷川仁

このページの先頭へ